聴神経に発生する腫瘍|効果的な手術を受けよう|下肢静脈瘤に最適な方法とは

効果的な手術を受けよう|下肢静脈瘤に最適な方法とは

医師
このエントリーをはてなブックマークに追加

聴神経に発生する腫瘍

病院

電話で確認

聴神経腫瘍とは、聴神経に発生する腫瘍のことです。良性の腫瘍ですので命に関わることはないのですが、良性であっても決して侮ってはならない腫瘍です。なぜなら、聴神経腫瘍は大きくなると周囲の神経や脳に対して影響を及ぼすようになるからです。そのことにより、難聴や耳鳴り、めまいや顔面神経麻痺、顔面けいれん等といった症状を引き起こすこととなります。この中で最も多いのは難聴であり、腫瘍が小さい段階から難聴は発症することになります。ただ、難聴というのは意外と気づきにくいものであって、放置してしまうことが非常に多くあります。聴神経腫瘍による難聴を見極めるために有効なのが、電話です。聴神経腫瘍は大多数が片側のみで発生しますので、電話の際、左右の耳の聞こえ具合が違うようでしたら、聴神経腫瘍の可能性があります。

治療の特徴

聴神経腫瘍の治療は、手術と放射線療法です。手術は当然、取り除くことを目的としていますが、放射線療法の場合は大きくなることを抑えることを目的にしています。聴神経腫瘍は大きくなるスピードは一般的に非常に遅く、小さいうちであれば日常生活に支障をきたすほどではないので、放射線治療であっても十分だと言えます。また、大きくなるスピードが非常に遅いが故に、経過観察を行うことも多くあります。しかし、手術は当然、患者にとって最も負担の大きい治療となりますが、聴神経腫瘍が大きくなれば周囲の神経に癒着してしまいますので、手術のリスクは高くなります。よって、小さいうちに手術を行ってしまうということも有意義なことですので、手術を勧める医師も多くいます。