効果的な手術を受けよう|下肢静脈瘤に最適な方法とは

先生
このエントリーをはてなブックマークに追加

薬の飲み忘れ防止

医者

薬を服用する際に最も起こりやすいのが薬の飲み忘れや間違った量の薬を利用することで、特に持病を持っている方や高齢者の方が薬の飲み忘れや用量の間違いなどを起こすことが多いです。こうした飲み忘れや薬の用量を間違えないようにするには家族同士で協力しあうか、もしくは分量ごとに薬をきちんと分けるようにする必要があります。家族の方が薬の利用を確認したり薬を管理したりすることでこうした飲み忘れは簡単に防止することができますし、服用する際に必要な薬の量は基本的に変わることがないのでそれぞれの回数ごとに小分けすることで決まった量の薬を利用することができます。またいつも目に見える場所に薬を置くことも飲み忘れには非常に有効であり、薬が眼に入ることによって早めに飲み忘れに気づいたり飲み忘れを防止することができます。飲み忘れや薬の用量を間違えることがないようにし、適切な薬の利用方法を厳守しましょう。

薬の飲み忘れが多い最近では飲み忘れや使用する際の薬の量を間違えることがないように、服薬支援ロボと呼ばれる機械が登場しています。この機械はその名の通り服薬を実施する際のサポートを行う機械であり、飲み忘れが多いとされている高齢者の方や入院中の方などを支援する目的で作られました。薬を利用する時間になると音やモニターなどで薬の使用時間を告知してくれるので、飲み忘れなどが起こらないようにすることができます。また薬の量を正確に計算してくれるので薬を飲み過ぎてしまう心配もなく、また正しい薬だけを出してくれるので薬の飲み間違いなどを防止することもできます。とてもシンプルな設計になっているので機械が苦手な方でも簡単に操作することができるようになっており、認知症を患っている方でも利用することができます。

聴神経に発生する腫瘍

病院

聴神経腫瘍は良性の腫瘍ですが、大きくなると周囲の神経や脳に影響を及ぼします。最も多い症状は難聴です。治療は手術と放射線療法であり、また、大きくなるスピードが非常に遅いので経過観察することも多くあります。

もっと見る

検診で早期発見を目指そう

看護師

大腸がんは多くの人がかかるがんであり、特に40歳以降から増え始めます。完治率は高くステージ3でも完治が見込めるとされています。ただし初期であれば開腹ではなく内視鏡でも手術が出来、完治も早いがんです。

もっと見る

肝臓にがんができた時には

カウンセリング

肝臓がんは自覚症状が少なく、発見が遅れがちなので、定期健診を受けることが大事です。特に男性に多く、肝炎ウイルスやアルコールの過剰摂取が主な原因ですので、これらの点に注意をすれば、肝臓がんを予防することができます。

もっと見る